方位除


 九星気学では、毎年の自分の本命星がどの方位に移動するのかによって、その年の運勢を判断していきます。

 特に、本命星が『東北』・『南西』・『北』・『南』の4方位に移動した年は注意が必要とされ、方位の障りを用心するようにと伝えられています。

 ご自分の本命星が、この4方位に位置する方は、『方位除け』のご祈祷をお受けになられるか、」もしくは『方位除け御守』をお持ちになることをお勧めします。

 以下に、注意が必要な4方位についてご説明いたします。


@ 表鬼門(北東)

 本命星が表鬼門(北東)に位置する年は、自らが望むと望まざるとに関係なく何事にも変化・変動が多く、運気も衰えがちです。今後に影響を与える分岐点とも言える年になりますので、すべてにおいて慎重な行動が大切です。

 体調も狂いやすく、怪我にも注意が必要です。


平成23年の表鬼門は、一白水星が本命星の方です。

 大正7年生  昭和2年生  昭和11年生  昭和20年生  昭和29年生  昭和38年生  昭和47年生  昭和56年生  平成2年生  平成11年生  平成20年生


平成24年の表鬼門は、九紫火星が本命星の方です。

  大正8年生  昭和3年生  昭和12年生  昭和21年生  昭和30年生  昭和39年生  昭和48年生  昭和57年生  平成3年生  平成12年生  平成21年生


A 裏鬼門(南西)

 本命星が裏鬼門(南西)に位置する年は、前年までの衰退の運気が少しずつ好転し始める時です。しかしここでの無理は、せっかくの良い運気に傷をつけてしまいますので、何事にもあせらず、コツコツと努力することが大切です。特に年の前半には要注意の年となります。


平成23年の裏鬼門は、四緑木星が本命星の方です。

 大正13年生  昭和8年生  昭和17年生  昭和26年生  昭和35年生  昭和44年生  昭和53年生  昭和62年生  平成8年生  平成17年生


平成24年の裏鬼門は、三碧木星が本命星の方です。

 大正14年生  昭和9年生  昭和18年生  昭和27年生  昭和36年生  昭和45年生  昭和54年生  昭和63年生  平成9年生  平成18年生


B 困難宮(北)

 本命星が困難宮(北)に位置する年は、最も運気が停滞する時です。先の見通しもあまりよくない為、頑固・強引にならず、謙虚な気持ちで孤立を避けねばなりません。今年は冬の年と考え、将来のための種まきの年にしてください。


平成23年の困難宮は、三碧木星が本命星の方です。

 大正14年生  昭和9年生  昭和18年生  昭和27年生  昭和36年生  昭和45年生  昭和54年生  昭和63年生  平成9年生  平成18年生


平成24年の困難宮は、二黒土星が本命星の方です。

 大正15年(昭和元年)生  昭和10年生  昭和19年生  昭和28年生  昭和37年生  昭和46年生  昭和55年生  昭和64年(平成元年)生  平成10年生  平成19年生


C 頂上宮(南)

 本命星が頂上宮(南)に位置する年は、吉凶半々の時です。年の前半から中盤にかけては、まさに太陽が天空に駆け上がるような勢いがありますが、後半は沈む夕陽がごとく、その勢いにかげりが訪れます。

 油断せずに現状維持と地道な努力を続けることです。


平成23年の頂上宮は、二黒土星が本命星の方です。

 大正15年(昭和元年)生  昭和10年生  昭和19年生  昭和28年生  昭和37年生  昭和46年生  昭和55年生  昭和64年(平成元年)生  平成10年生  平成19年生


平成24年の頂上宮は、一白水星が本命星の方です。

 大正7年生  昭和2年生  昭和11年生  昭和20年生  昭和29年生  昭和38年生  昭和47年生  昭和56年生  平成2年生  平成11年生  平成20年生


  




一つ前のページに戻る

TOPへ戻る